こんばんは〜ペット食育協会認定インストラクターの弓場です。

 

 

春は何かと食事をする機会が多いですね。

 

例えば、歓送迎会、お花見、親睦会、ただの飲み会(笑)と、何かにつけて飲み食いしてしまいますよね。

 

ついつい自分を甘やかしたり、周りから促されると断りきれないという人も少なくないのではないでしょうか。

 

ちなみにうちの夫は、「嫁から角がはえるので。。」という一言で回避できるものは回避し、大人しく家で嫁のご飯をつついているそうです笑

 

 

====================================

 

犬のデトックス(断食)、どれくらいやれば終わる?

 

借金の例えと同じです。

 

借金を完済するまでにかかる時間は、

 

・返済額

・借金額

 

が大きく関わってきますね。

 

返済額の大きい人は、それだけ早く完済できるし、

そもそも借金の額が小さければ、早く返せる可能性は高いですよね。

 

反対に、返済額も小さく、借金の額が大きければそれだけ完済にかかる時間は長くなりますよね。

 

これと同様に、デトックスも体内に溜め込んでいる物の量と排毒力により、スッキリするまでにかかる時間は異なります。

 

なので、どのくらいやれば終わるの?という質問に対しては、

 

「わかりません」が、誠実なお答えだと言えます。

 

しかし、いつ終わるかはわかりませんが、

 

どこまで求めるのか?何を求めるのか?によって、どれくらいやればいいかの目安が考えられるようになります。

 

 

 

目安って??

 

イメージしてください、

あなたはフルマラソンを完走した後、どのくらい休めば疲れが回復しますか?

 

一時間?

一日?

三日?

一週間?

 

答えは様々ですが、わかっているのは、

 

一時間休めば、一時間休んだなりの回復量。

一週間休めば、一週間休んだなりの回復量ということです。

 

あなたがマラソン後、疲労の回復にそれなりの時間がかかるように、腸だって筋肉で動いているので、回復にはそれなりの時間が必要だと言えます。

返して言えば、回復する時間さえあれば体は元に戻れるとも言えますね。

 

デトックスとは、腸を休めるところから始まります。

皆さんも、疲れてクタクタな日はお皿洗いが翌日になったり、洗濯物や部屋の片付けを溜め込んでしまう経験が一度はおありかと思います。

 

腸も同様に、疲れているとメンテナンスにまで手が回らないことがあります。

 

もし、便秘や胃もたれといった、病気とまでは言えないようなちょっとした不調を感じているのであれば、もしかするとそれはただ単に腸がお疲れで、本領発揮ができていないだけかもしれません。

 

毎日毎食きっちり食べて、腸に筋トレをさせるのもいいですが、

たまには休憩させてあげる日もあっていいのではないでしょうか\(^o^)/

 

 

ちなみに我が家では月曜、火曜、水曜の三日間が断食ディとなっております。

 

先月まではポッキーも同じ日数付き合わせていたのですが、かなりスレンダーになってしまったので、ポッキーは月に三日か、隔週三日だけすることに\(^o^)/

 

なぜ三日かというと、実はそれにもちゃんと理由があるのですが、今回はこのくらいにしておきまーす♪

 

 

海の生物みたいになってる\(^o^)/

 

 

もっと詳しく犬の体の仕組みについて知りたい!←セミナーや個別相談もやってまーす♪