うちは、よそ様的には末恐ろしいしつけ方をしてるんですって。

いい加減にしなさいよ!何度も言わせないでー!
怒られるのが嫌なら最初からちゃんとしてー!
もし勝手な行動をしたら即座にこうです。
うちにくるお客さんも、犬連れの飼い主さんたちもドン引き。
中にはその姿を見て、
ちゃんと言うこと聞いて偉いねぇ!
しつけがされててすごいねぇ〜
と言ってくださる人もいるのですが、
(ちなみに本当にちゃんとしつけができていたらこんな事言ってません( ;∀;))
まぁこのように言ってくださる人ばかりなら心置き無く叱れるのかもしれませんが、
世の中にはそれを見て辛い気持ちになり、
・かわいそう
・イジメ
・虐待
と感じる人もいらっしゃいますよね。
だから私はその人たちにも配慮した叱り方をしたり、場所を考えて叱る必要があるんだろうなぁと頭ではよくよく思っています。
でもそもそも、なんでこんなに本気で叱ったり、しつけるのかというと、
真剣に我が子を守りたいと思っているからにほかなりません。
私の最優先はこの子達を守ること。
それは体調管理はもちろんのこと、安全管理もです。
例えば、待て。来い。ができなかったらこんなシナリオも可能性としてはありえます。
「家で犬をフリーにさせている時に玄関の扉が不用意に開いたら、
その時たまたま侵入防止のゲートが開いていたら、
もしその子が外や人が大好きで、その時たまたま外に人がいたら。。」
まぁ、おそらくその子は「自由への扉が開いたー!!ヒャッホーイ!\(^o^)/」と猛ダッシュで外に飛び出すでしょう。
そのままその子を制御できなければ、
・迷い子になるかもしれない。
・車にひかれるかもしれない。
・人、子供、よその犬猫を噛むかもしれない。
そんなのぜーーーーったい避けたいですよね。
だから当然私たち自身ができる防止策は当たり前としてやる。
でもそれでも起きることがあるのが事故。
ではこれ以外に何ができるかというと、

我が子に身を守る術、知識を身につけさせます。

これを私はいわゆる “しつけ” だと思っています。

なにも介助犬や盲導犬、警察犬などのレベルを要求しているのではなく、
周りに迷惑をかけない、自分の身を守ることだけでもできるのと、できないのとでは、結果は変わってくる可能性が高いでしょうね。

“叱られて可哀想” と見るならばそうかもしれない。
“人間、文明の中で共存するために必要なことを教わっている” と見るならば、辛いかもしれないけど、大事なことを教わっているとも受け取れますよね。
皆さんは色んな可哀想を天秤にかけた時、どの可哀想の結末を最優先に避けたいですか?
それを避けるためにどんな可哀想をやっていますか??
そして、最優先に避けたい可哀想を回避するために行う可哀想なことは、はたして本当に可哀想な “だけ” なのでしょうか。
叱るのが可哀想だから、社会のルールを教えませんか?
嫌がるのが可哀想だから、歯磨きをしないことを許しますか?
嫌いな物を食べさせるのは可哀想だから、好きな物だけ食べさせ続けますか?
皆さんは何を可哀想としますか??

綺麗♡とも見えるし、

不気味。、とも見えるし。
ちなみにこの時、足元でポッキーが気張っている間に撮影したものです笑
なので答えは、
でした笑