お友達にランチに誘われました〜♪
前から行ってみたかったお店のようで、50分待ちでも並んで食べましたよぉ(^O^)
リブロースステーキの200グラムです。
お値段なんと、2160円。安すぎる〜〜
私たちの前に並んでいたご家族が私たちに、
「すみません、ちょっとご質問があるんですけど、、うちで買っているお肉はこの量で6000円くらいするんだけど、ここはこのお値段なんだけど、こんなもんなのでしょうか。。?」
そんなの私らに聞かれてもわからんがな笑笑
でもまぁ、同じ量で2000円と6000円ならそれぞれの値段に応じた質の差はあるんでしょうね。
もし6000円のお肉の質を求めるのであれば、おそらくここではそれを得られない可能性があるので、やめておいた方がいいのかも笑
「2000円のお肉ですね、りょ〜か〜い♡」
と適切にその値段やサービスを理解したうえで、その店を利用するなら、それはそれとして楽しめるのではないでしょうか。
それを適切に理解していないと、私たちのお隣のテーブルにいた方達のようなことになることも。、
「ちょっと!お肉のほとんどが脂肪じゃないの!これはひどいは!変えてちょうだい!」
払った金額というのは、お肉に対してだけではなく、それ以外のサービスへの支払いでもあります。
基本はそれら全てが乗っかったものが商品の値段とかサービスの質になることも少なくはありません。
ある程度、質が確かなものを食べたい。
空気が澄んでいて、食器もピカピカで衛生的なお部屋がいい。
静かにゆっくりとした時間を楽しみたい。
景色が綺麗、美しい自然を見ながらお食事がしたい。
そう思った時、選択するのはどんなお店でしょうか?
私なら、そういうものを選ぶ一つの基準として、”値段” で判断します。
もちろんそれがすべてと言っているのではありません。
ですが、少なくとも質の良いものが、お手頃価格で、お安くは、売られていないだろうと思っています。
だって、高級なものを安く売ったら、売り手側は赤字になっちゃうでしょう?笑笑
あ、ぼったくりとかは含みませんよ??笑
適切につけられた値段の物に対して言っています。
だからきっと高い物は高いなりの、安い物は安いなりの質なんだと適切に受け止め、その時に応じて使い分けられると便利な生活を送れるんじゃないかなぁ♪と私は思うねん\(^o^)/
例えば、
常食するならある程度の質の物、
たまに食べるとか時間がない!って時はインスタント食品も全然あり!
ってね♪

それにしてもお肉が分厚い!!
ポッキーにも食べさせてあげたいなぁ!
お肉大好きさんやからなぁ
で、これはデザート王国ってお店のタピオカドリンク ソフトクリームトッピング♡

石川県はアイスクリームの消費が全国1位なんやって??
消費量なんか消費率なんかなんやしらんけども笑
お茶の街やからかぁ?
で、ポッキーもいっちょまえにお茶をたしなむのよなぁ〜\(^o^)/
ポッキー : お茶はミルクティー派やわ。でも今はお茶よりもそのチョコプリンをよこせ。
あ、悪いねぇ全部たべてしまったわ\(^o^)/

チーーン。。。